耐震補強工事について詳しくお伝えします

災害は忘れた頃にやってくると言います。いつかはわかりませんが、いつか起こるとされている大地震に対して、対策を後回しにしている人もいます。費用面の煩わしさから後でいいやと言うことになり、途中で大地震が起こることをすっかり忘れている人も多いでしょう。ですが、大きな地震が世界で、そして日本で起こるたびに準備が大事だということを思い出すのです。実際の大地震では、テレビぐらいでしか見ることはない人が多いですが、本当に地震が起こった現場というのは目も当てられないぐらい悲惨です。現実は待ってくれません。横揺れならばまだ救いようがありますが、縦揺れの場合には、家屋の倒壊が起こり、それによる死者数が多くなる可能性も高くなります。そこで、耐震補強工事が必要になります。

耐震補強工事が必要な住宅について

建築基準法はたびたび改正をしていますが、この建築基準法に耐震基準が設けられています。現在の基準が始まったのは1981年6月からです。この時の前後にも改正をしていますが、この時が一番大きな改正でした。1981年6月より前に建築した、耐震基準が強化される前の建物は、耐震強度が不足している場合が多いです。もちろん、耐震性を強化して建てた住宅は問題ありません。1995年の阪神淡路大震災では、倒壊した建物の1981年6月以前に建てられたものが圧倒的に多かったのです。地震で倒壊の恐れがある建物は、例えば、下屋が大きくて、その割には2階が小さい建物などです。この場合は、1階と2階の外壁がそろっておらず、外壁が薄い部分に2階を乗せるような感じになっている場合は、不安定なため大きな地震では注意が必要になります。

どのような耐震補強工事をするべきか

では、どのような耐震補強工事をするべきでしょうか。耐震補強工事をする場合には、まず、横揺れを意識して、壁を筋交いにする必要があります。住宅は柱のみで支えていると勘違いする人もいますが、実際には、柱のみで支えていることは少なく、壁も同時に家を支える役割を果たしていることになります。もし、壁が薄い場合には、壁を強化することで横揺れによる倒壊を防ぐことが出来ます。次に柱と柱が接続している部分を強化することが大事になります。柱と柱が接続している部分は、縦揺れが起きたときなどに柱が抜けてしまう可能性があります。柱が抜けると住宅が倒壊する可能性が高くなるのです。さらに、基礎部分を強化する必要があります。いくら柱や壁をいじっても基礎部分がいい加減だと住宅は倒壊してしまう物です。

耐震補強から耐震改修までグループで一貫して提供する独自のサービスを提供しています。 ゼネコン出身のエンジニア集団が新築工事の経験をもとに工程から仕上げまでを把握しサービスを提供します。 リフォームに関する豊富な知識と経験を持ったコンシェルジュがあなたをサポートします。 建物のプロがマンション再生による資産価値向上を実現 リフォーム期間の仮住まい提供サービスも充実! 耐震補強工事なら新日本リフォームにお任せください